後回しにしてしまう心理

歯医者に行って気づいたこと

先日、1年ぶりぐらいに歯医者に行きました。

理由は詰め物が取れてしまったから。

数か月前にその歯は一部欠けてしまったのを放置していたんです。

それが耐え切れなくなって詰め物も取れたんだと思っていました。

放置する心理

結果的には、虫歯になっていました。

痛みもなかったので早く行かなかったのが原因です。

歯が少し欠けた時点で行けば虫歯になっていなかったのかもしれません。

治療も簡単にすんだのかもしれません。

また、恥ずかしながら私は2年前に一本だけ入れ歯になってしまった歯があります。

入れ歯はしてますか?

たまに・・・

なぜ毎日しないんですか?

入れなくても困らないから。

自分で答えながら気づきました

そう、困らないのですそんなに。奥歯が一本なくても。

噛めるし、普通に喋れるし、困らないんです。

でも本当は良くないんです。

他の歯が動いて噛みあわせがずれる、という恐れがあります。

セラピスト的にもそれは良くないんですよね(反省)

歯は頭蓋骨の一部、噛みあわせがずれると全身的に影響があります。

身体のことも同じ

自分で答えながら、身体のちょっとした異変を放置してしまう心理が少し理解できました。

今は困ってないから何もしない。

専門家から見たらNG行為ですが、本人が困ったと感じるまで行動に移さない。

行動に移す頃にはだいぶ進行してしまっている。

手遅れ、ということはありませんが回復に時間がかかります。

例えば、肩こりとか腕が動かしにくいのを放置していたら五十肩になって手術を勧められた、とか。

そんな話も聞いたことがあります。

もし、身体にちょっとした不具合があるなら早めの行動がおすすめですよ。

未病が病気になる前に。

未病ケアにはトリムリターンがオススメです。

 

 

 

関連記事

  1. ホームページオープン

  2. 自律・自立の先に変容がある

  3. 冷えについて①

  4. 驚愕の施術!

  5. 冷えについて②

  6. ホームページリニューアル中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。